「プロジェクトマネジメント」について

プロジェクトマネジメントとは、納期が決められているプロジェクトをどのように遂行するか計画を立て、プロジェクトの目的を達成できるようにマネジメントしていくことである。
具体的には「いつまでにどの程度のクオリティで完成させなくてはいけないか」を明確にし、そこから逆算して目的達成までのストーリーを組み立て、各工程における進捗状況の把握や管理を行う。

また大規模プロジェクトになるほど、多義性、拡張性、複雑性、不確実性に富むため、やり直しが難しく、リスクが大きい。そのリスクが思い掛けないところで出現しプロジェクトの進行を阻むこともあるため、リスクマネジメントのスキルが重要な要素となる。

<参考ツール>
PMBOX(Project Management Body of Knowledge)
PMBOK(プロジェクトマネジメント知識体系ガイド)はプロジェクトマネジメントの手法やノウハウが体系的にまとめられたもので「10の知識エリア」「5のプロセス」で構成されている

10の知識エリア(マトリクス表の縦軸)
・「Q:品質管理」
・「C:コスト管理」
・「D:工程管理」
・「スコープ管理」
(プロジェクトの最終成果物と作業範囲の管理)
・「人的資源管理」
・「コミュニケーション管理」
・「リスク管理」
・「調達管理」
・「ステークホルダー管理」
・「統合管理」

5のプロセス(マトリスク表の横軸)
「立上げ」→「計画」→「実行」→「監視・管理」→「終結」
知識エリアとのマトリクスにより、どのプロセスで何を作成・管理すべきかが定義されている。

タイトルとURLをコピーしました