「予知保全」について

予知保全は、定期的な保全周期を設定せず設備故障の兆候が出たタイミングで設備保全を行う方法である。常に電流値や回転数などの設備の状態を計測・監視することで設備の劣化状態を把握し、それらの変化から故障の兆候を予知することができる。それにより最適なタイミングで部品の交換や修理を行うことができる。
事後保全のような突発的な故障を回避できるだけでなく、予防保全のような過剰な点検・交換も減らすことができる。但し、設備の状態を把握するための監視システムの導入や蓄積されたデータを分析する熟練技術者が必要である。

また、今後は予防保全におけるIoTや人工知能(AI)の活用がいっそう進むと考えられる。これまでも熟練技術者によって予知保全は行われてきたが、その多くは長年の経験によって培われた感覚によるもので、再現性の低いものであった。しかし、IoTや人工知能(AI)の活用により、熟練技術者と同等かそれ以上の微妙な変化も捉えて、故障を予知できる可能性があるとして期待されている。

タイトルとURLをコピーしました