電験2種二次試験の勉強法

短期間で合格レベルの実力をつけることは難しい試験であり、試験本番が迫ってから本腰を入れても間に合わない。それゆえ計画的な学習が必須である。

【学習のポイント】
①過去問を繰り返し(5~10回転)学習する。
反復により理解度を深め、原理原則を押さえる。

②手を広げ過ぎない。
複数の参考書に手を出すと消化不良になる。

③手書練習を早期段階から取り入れ慣れておく。
本番と同じ問題用紙で練習するのがよい。

④電卓練習を早期段階から取り入れ慣れておく。
電験2種に必要な電卓の機能に慣れておく。

⑤電力管理の論説問題を諦めない。
論説問題の出題率は約50%もある。日常業務に関連す内容を中心に普段から知識の整理を行う。

⑥毎日、少しでも問題に触れる。
問題に対する感覚を研ぎ澄ましキープする。

⑦早期段階から計画的に学習を進める。
学習を先延ばしにすると途中であきらめムードとなりモチベーションが維持できない。

タイトルとURLをコピーしました