「CASBEE(建築環境総合性能評価システム)」について

1.CASBEEの概要
「CASBEE」(建築環境総合性能評価システム)は、建築物の環境性能で評価し格付けする手法である。省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境配慮はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するシステムである。

CASBEEの特徴は、建築物の環境に対する様々な側面を客観的に評価するという目的から、
1)建築物のライフサイクルを通じた評価ができる
2)「建築物の環境品質:Q」「建築物の環境負荷:L」の両側面から評価する
3)「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標「BEE:建築物の環境性能効率(Built Environment Efficiency)」で評価する
という3つの理念に基づいて開発されている。
また、評価結果が、
 ・Sランク(素晴らしい)☆☆☆☆☆
 ・Aランク(大変良い) ☆☆☆☆
 ・B+ランク(良い)  ☆☆☆
 ・B-ランク(やや劣る)☆☆
 ・Cランク(劣る)   ☆
という5段階のランキングが与えられることも大きな特徴である。

2.CASBEEによる評価の仕組み
(1)2つの評価分野:QとL
Q(Quality)建築物の環境品質
「仮想閉空間内における建物ユーザーの生活アメニティの向上」を評価する
L(Load)建築物の環境負荷
「仮想閉空間を越えてその外部(公的環境)に達する環境影響の負の側面」を評価する

(2)環境性能効率(BEE)
環境性能効率(BEE)は、Q(建築物の環境品質)を分子、L(建築物の環境負荷)を分母として算出される指標である。
建築物の環境効率(BEE)
=Q(建築物の環境品質)/L(建築物の環境負荷)

Qの値が高く、Lの値が低いほど傾きが大きくなり、よりサステナブルな性向の建築物と評価できる。

タイトルとURLをコピーしました